日本人が多く暮らしている国は?日本人の永住者・民間企業が多い国ランキング

最近は、海外旅行に行く人が増えて、若い人では、数日間の休みさえあれば、海外へ出かける人もいます。

まだ一度も海外旅行に出かけたことの無い私からするとうらやましい限りです。

国際結婚も、もはや珍しいことではなくなり、その証拠に、テレビ番組でハーフタレントを見ない日は、ないと言ってもよいでしょう。

CMでもハーフタレントがたくさん活躍してます。

そんなときにふと頭に浮かんだのは、

世界の国々で、日本人は、どれくらいの人が暮らしているのだろう?

日本人が多く暮らしている国はどこなのか?

という素朴な疑問です。

というわけで、今回の記事では、

1、日本人が多く暮らす国

2、日本人の永住者が多い国

3、日本の民間企業が多い国

について調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

日本人が多く暮らす国

まずは、国(地域)別在留邦人数について調べてみました。

これについては、海外に3ヶ月以上在留していて日本国籍を持っている方が対象となります。

また、この在留邦人数には、長期滞在者と永住者の両方が含まれています。

つまり、在留邦人数には、永住者、民間企業で働く人、自由業を営む人、留学生、報道、政府関係者などが含まれています。

国(地域)別在留邦人数ベスト20

平成29年度のデータ(単位:人)

順位 国(地域)名 在留邦人数 前年比
米国 426206 +1.1%
中国 124162 -3.1%
オーストラリア 97223 +5.0%
タイ 72754 +3.4%
カナダ 70025 -0.2%
英国 62887 -3.2%
ブラジル 52426 -1.8%
8 ドイツ 45784 +4.0%
9 フランス 42712 +2.6%
10 韓国 39778 +4.6%
11 シンガポール 36423 -2.9%
12 マレーシア 24411 +3.0%
13 台湾 21054 -3.8%
14 インドネシア 19717 +2.1%
15 ニュージーランド 19664 +5.1%
16 ベトナム 17266 +6.9%
17 フィリピン 16570 -2.4%
18 イタリア 14146 +2.4%
19 アルゼンチン 11460 -1.3%
20 メキシコ 11211 -1.6%

引用元:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

予想通りというか、やはりアメリカが、圧倒的に多いですね。

2位の中国の3倍以上の人たちが、暮らしてることがわかります。

次に在留邦人数の前年比の伸び率が高い国をランキングにしてみました

在留邦人数の前年比が高い国(地域)ベスト10

順位 国(地域)名 前年比 備考
1 カンボジア +15.4% 5年連続増加
2 オランダ +13.4% 5年連続増加
3 ベルギー +12.9%
4 ミャンマー +12.7% 4年連続増加
5 ポーランド +12.3% 3年連続増加
6 スウェーデン +11.1% 4年連続増加
7 パラグアイ +9.1% 2年連続増加
8 ベトナム +6.9% 5年連続増加
9 アイルランド +6.1% 3年連続増加
10 アラブ首長国連邦 +5.9% 5年連続増加

参考資料:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

アジアやヨーロッパ、北欧など色々な地域で前年比が伸びている国があることがわかります。

では、今度は、逆に前年比の伸び率が低い国を見てみると以下のようになりました。

在留邦人数の前年比が低い国(地域)

順位 国(地域)名 前年比 備考
1 グアム(米領) -12.0% 2年連続減少
2 トルコ -10.9% 2年連続減少
3 フィンランド -7.5%
4 イスラエル及びガザ地区等 -5.0%
5 台湾 -3.8%
6 英国 -3.2% 2年連続減少
7 中国 -3.1% 5年連続減少
8 シンガポール -2.9%
9 フィリピン -2.4% 3年連続減少
10 ボリビア -1.9%

参考資料:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

台湾の前年比が減少しているのが少し不思議ですね。

日本人の永住者が多い国

次に日本人の永住者が多い国について調べてみました。

永住者が多いということは、単純に日本人が暮らしたい国と思ってもいいのかなと思います。

ここでいう、永住者とは

3ヶ月以上の海外在留者のうち、在留国などにより永住権を認められて、生活の基盤(本拠地)を日本から海外に移した邦人をあらわします。

国(地域)別永住者数ベスト20

平成29年度のデータ(単位:人)

順位 国(地域)名 永住者数 前年比
1 米国 192766 +2.6%
2 オーストラリア 56006 +5.7%
3 ブラジル 48490 -2.1%
4 カナダ 43791 +2.8%
5 英国 21808 +10.2%
6 韓国 11957 +16.5%
7 ドイツ 11907 +6.0%
8 アルゼンチン 10951 -0.9%
9 ニュージーランド 10426 +4.6%
10 フランス 8362 +3.7%
11 スイス 5580 +4.4%
12 フィリピン 5423 +4.1%
13 イタリア 4789 +3.0%
14 パラグアイ 4043 +9.8%
15 スウェーデン 3114 +12.3%
16 中国 3067 +1.5%
17 スペイン 3006 +2.2%
18 ボリビア 2811 -0.0%
19 台湾 2700 +11.1%
20 グアム(米領) 2690 -5.2%

引用元:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

ここでもアメリカが、2位のオーストラリアを大きく引き離して1位となっています。

興味深いのは、在留邦人数では、2位の中国が、永住者数では、16位ということです。

在留邦人数と永住者数ではその内訳が、かなり違ってくるようです。

次に先ほどと同様に前年比の伸び率に注目してみました。

日本人の永住者数の前年比が高い国ベスト10

順位 国(地域)名 前年比 備考
1 インド +19.0%
2 ポーランド +17.8% 2年連続増加
3 オランダ +16.7% 4年連続増加
4 韓国 +16.5% 4年連続増加
5 ベルギー +14.5% 5年連続増加
6 スウェーデン +12.3% 5年連続増加
7 台湾 +11.1% 5年連続増加
8 南アフリカ +10.8%
9 英国 +10.2% 5年連続増加
10 パラグアイ +9.8% 2年連続増加

参考資料:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

以下は、前年比の伸び率が低い国(地域)です。

日本人の永住者数の前年比が低い国(地域)名

順位 国(地域名) 前年比 備考
1 ベネズエラ -17.1%
2 北マリアナ諸島(米領) -5.4% 2年連続減少
3 グアム(米領) -5.2%
4 トルコ -4.2%
5 パキスタン -3.2%
6 ドミニカ共和国 -2.8% 2年連続減少
7 ギリシャ -2.7%
8 イスラエル及びガザ地区等 -2.5%
9 ブラジル -2.1% 5年連続減少
10 ウルグアイ -1.6%

参考資料:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

日本の民間企業が多い国

日本には、たくさんの企業があります。そして企業の海外進出もかなりの数になりました。

そうなると気になるのは、日本企業は、世界のどの国に多く進出しているか?

だと思います。

調べてみると以下のようになりました。

国(地域)別日系企業(拠点)数ベスト20

平成29年度のデータ(単位:人)

順位 国(地域)名 日系企業(拠点)数 前年比
1 中国 32349 +0.1%
2 米国 8606 +2.2%
3 インド 4805 +4.7%
4 タイ 3925 +120.1%
5 インドネシア 1911 +5.6%
6 ベトナム 1816 +7.6%
7 ドイツ 1814 +0.2%
8 フィリピン 1502 +4.3%
9 マレーシア 1295 -4.9%
10 シンガポール 1199 +5.1%
11 メキシコ 1182 +6.4%
12 台湾 1179 +2.3%
13 英国 986 -1.2%
14 韓国 945 +36.0%
15 カナダ 811 +1.0%
16 フランス 719 +2.4%
17 オーストラリア 713 +2.1%
18 ブラジル 707 +3.1%
19 モンゴル 505 +31.9%
20 ロシア 456 +1.3%

引用元:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

総合的な在留邦人数、永住者数では、ともにアメリカが1位でしたが、民間企業が多く進出してる国では、圧倒的な数で中国が1位となっています。

やはり中国の人口が世界第1位で、13億9千5百万人を超えることによるものなのでしょうか?

次に、先ほどと同様に前年比の伸び率に注目してみました。

国(地域)別日系企業(拠点)数の前年比が高い国ベスト10

順位 国(地域)名 前年比 備考
1 タイ +120.1% 5年連続増加
2 韓国 +36.0% 5年連続増加
3 モンゴル +31.9% 5年連続増加
4 アルゼンチン +28.2%
5 スリランカ +18.7%
6 カンボジア +14.4% 5年連続増加
7 ミャンマー +10.3% 5年連続増加
8 ポルトガル +8.9% 3年連続増加
9 ベトナム +7.6% 5年連続増加
10 パラグアイ +6.5% 3年連続増加

参考資料:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

次は、逆に前年比の伸び率が低い国です。

国(地域)別日系企業(拠点)数の前年比が低い国

順位 国(地域)名 前年比 備考
1 マレーシア -4.9% 2年連続減少
2 北マリアナ諸島(米領) -2.7% 3年連続減少
3 サウジアラビア -2.5% 2年連続減少
4 イタリア -1.5% 2年連続減少
5 ベルギー -1.3% 2年連続減少
6 英国 -1.2% 3年連続減少
7 スイス -1.0%
8 ニュージーランド +0.0%
9 スペイン +0.0%
10 中国 +0.1%

参考資料:外務省ホームページ「海外在留邦人数調査統計」

URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

今回調べてみた感想ですが、単に日本人が多く暮らしている国といっても、その理由は、さまざまで、永住目的、ビジネス目的(民間企業)など、いろいろな目的があるということがわかりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする