スマートフォンの世界シェア!2013~2018年を調べてみました

スマートフォンの普及率は、すさまじく、日本においては、2017年にパソコンの所有率を上回ったそうです。

その所有率は、2018年では、ほぼ80%にまで迫っています。

もちろん、スマートフォンは、日本だけではなく世界中で普及してます。

そうなると非常に大きなマーケットとなるわけですが、一体、どんな企業が、そのシェアを占めているのでしょうか?

気になったので、2013年~2018年までのスマートフォンの世界のシェアを調べてみました。

上位企業は、恐らく想像もつかないほどの売上金額を上げていると思われます。

一般市民には、雲の上のできごとのようですね。

スポンサーリンク

2018年のスマートフォンの世界シェア

2018年のスマートフォンの世界シェア率の上位企業

企業名 シェア率 本社所在地 
Samsung(サムスン) 20.9% 韓国
Huawei(ファーウェイ) 15.8% 中国
Apple(アップル) 12.1% アメリカ
Xiaomi(シャオミ) 9.3% 中国
その他 41.9%

参考文献:IDCによる調査を元に表を作成

2017年のスマートフォンの世界シェア

2017年のスマートフォンの世界シェア率の上位企業

企業名 シェア率 本社の所在地
Samsung(サムスン) 21.6% 韓国
Apple(アップル) 14.7% アメリカ
Huawei(ファーウェイ) 10.4% 中国
OPPO(オッポ) 7.6% 中国
Xiaomi(シャオミ) 6.3% 中国
その他 39.5%

参考資料:IDC

2016年のスマートフォンの世界シェア

2016年のスマートフォンの世界シェア率の上位企業

企業名 シェア率 本社所在地(国名)
Samsung(サムスン) 22.7% 韓国
Apple(アップル) 11.8% アメリカ
Huawei(ファーウェイ) 9.4% 中国
OPPO(オッポ) 5.3% 中国
Xiaomi(シャオミ) 4.3% 中国
その他 46.5%

参考資料:Strategy Analytics

2015年のスマートフォンの世界シェア

2015年のスマートフォンの世界シェア率の上位企業

企業名 シェア率 本社の所在地
Samsung(サムスン) 22.7% 韓国
Apple(アップル) 16.2% アメリカ
Huawei(ファーウェイ) 7.4% 中国
Lenovo(レノボ) 5.2% 中国
Xiaomi(シャオミ) 4.9% 中国
その他 43.6%

参考資料:IDC

2014年のスマートフォンの世界シェア

2014年のスマートフォンの世界シェア率の上位企業

企業名 シェア率 本社の所在地
Samsung(サムスン) 24.4% 韓国
Apple(アップル) 14.8% アメリカ
Huawei(ファーウェイ) 5.7% 中国
Lenovo(レノボ) 4.6% 中国
Xiaomi(シャオミ) 4.4% 中国
その他 46.1%

参考資料:IDC

2013年スマートフォンの世界シェア

2013年のスマートフォンの世界シェア率の上位企業

企業名 シェア率 本社の所在地
Samsung(サムスン) 31.3% 韓国
Apple(アップル) 15.3% アメリカ
Huawei(ファーウェイ) 4.9% 中国
LG(LGエレクトロニクス) 4.8% 韓国
Lenovo(レノボ) 4.5% 中国
その他 39.3%

参考資料:IDC

まとめ

2013年~2018年の世界におけるスマートフォンのマーケットシェア率を見てきましたが、

1位は、いずれもサムスンでした。

しかし、2013年のマーケットシェア率が31.3%に対して、2018年のマーケットシェア率は、20.9%ですから、この5年間で約10.4%シェア率がダウンしたことになります。

アップルに関しては、マーケットシェア率2位をキープしてきましたが、2018年にファーウェイに抜かれて3位になりました。

こちらは、2013年のシェア率が15.3%に対して、2018年のシェア率は、12.1%ですので、ここ5年間で約3.2%ほどダウンしたことになります。

ファーウェイに関しては、ここ数年の躍進がめざましく、2013年のシェア率が、4.9%に対して、2018年は、15.8%で、ここ5年でマーケットシェア率が、約10.9%アップしています

他の2社がいずれもここ5年でマーケットシェアに関しては、やや苦戦しているところ、ファーウェイだけが、シェア率を増加させており、その勢いが目立ちます。

日本におけるスマートフォンのシェア率に関して

また、興味深いのは、日本におけるスマートフォンのシェア率が、世界のシェア率と大きく異なるということです。

2018年の世界でのシェア率では、サムスン、ファーウェイ、アップルが、上位3社でしたが、

日本では、アップル、ファーウェイ、シャープ、ソニーの順番になっています。

特に日本においては、アップルだけで約4割を占めています。

日本では、それだけアップル、つまりは、アイフォンの人気が高いのがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする