windows10で写真を閲覧するとき、マウスホイールで写真を拡大する方法は?

windows7を使っていた方ならわかるはずですが、写真を見るとき、マウスホイールを動かすことで、簡単に写真を拡大することができました。

しかしwindows10では、それが、できなくなっています。

windows10では、写真ファイルを開いているときにマウスホイールを動かすと次の写真に移動するようになりました。

拡大は、違う方法で行わなければならず、少し手間がかかります。

個人的には、写真の閲覧に関しては、windows7の方が使いやすかった気がします。

特にノートパソコンのように、画面の小さな場合は、特にそう思います。

今回の記事では、windows10でもマウスホイールを動かすことによって写真を拡大することができるようにする方法について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

windows7と10では、写真を閲覧するソフトが違う!

まずどうしてwindows7とwindows10では、写真を閲覧するときの操作方法が違うかというと、標準でインストールされているソフトが違うからです。

windows7の場合

標準でインストールされている写真閲覧ソフトは、「windows フォトビューアー」

windows10の場合

標準でインストールされている写真閲覧ソフトは、「フォト」

となっています。

「フォト」の方が、「windows フォトビューアー」より高機能ですが、使いやすさには、人の好みがあるので、どちらがいいとは言えません。

windows10で写真を閲覧するときに、以前のようにマウスホイールを動かすことによって写真を拡大できるようにするには、主に2つの方法があります。

1、写真を閲覧できるフリーソフトをインストールする

2、「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」というフリーソフトを使ってwindows フォトビューアーをwindows10で使えるようにする

1のフリーソフトをインストールする方法は、いちいち写真を閲覧するたびにソフトを起動しなくてはいけないのであまり効率的ではありません。

そのため、今回の記事では、「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」というフリーソフトを使ってwindows7で使用していた「windows フォトビューアー」を復活させて、以前のように写真を閲覧することができるようにする方法を説明します。

windows10にアップグレードしたPCの場合は、設定を変えるだけで「windows フォトビューアー」が使える

windows7のOSをwindows10に無償アップグレードした方は、windows フォトビューアーがそのままインストールされているはずです。

※ただし、windows10に無償アップグレードする際に、設定を引き継いだ方が対象です。
設定を引き継がないでインストールした場合は、該当しません。

windows7から10に無償アップグレードした方が、windows フォトビューアーを使う方法

windows10で標準のフォトビューアー(フォトソフト)を変更する方法は、主に2通りありますが、一般的な方法を書いてみます。

1、タスクバーの入力画面に「既定のアプリ」と入力します

下の図の赤枠部分に既定のアプリと入力

2、すると以下のような画面が開きますので「既定のアプリ」をクリックします

3、すると既定のアプリの選択画面が表示されますのでフォトビューアーの「フォト」をクリックします。

windows10の場合、初期設定では、ここが「フォト」になっています

4、すると新たにアプリを選ぶというメニューが開きますので、そこでwindows フォトビューアーをクリックします

5、これで既定のフォトビューアーが、windows フォトビューアーに切り替わります。

写真ファイルを開いてみてください。

windows7の時に利用できたwindows フォトビューアーが起動するはずです。

windows10のPCを購入した場合

この場合は、残念ながら、windows フォトビューアーは入っていません。

そのため、もしwindows フォトビューアーを使いたい場合は、フリーソフトを使う必要があります。

windows フォトビューアーをwindows10で利用できるようにする方法

windows10でwindows フォトビューアーを使う一番簡単な方法は、

「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」というフリーソフトをインストールすることです。

「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」のダウンロードページ

http://www.authorsoft.com/restore-windows-photo-viewer.html

ちなみに海外のサイトです。

次の章でページのどこからダウンロードするか説明しています。

ソフトをインストールしてワンクリックで、できる設定を行うだけで、windows フォトビューアーがwindows10で使えるようになります。

一応ここからは、自己責任で行ってください

Restore Windows Photo Viewer to Windows 10のインストールと設定の仕方

1、まず先ほどのダウンロードサイトにアクセスします

2、開いたページのDownload Nowをクリックします。

下の図の赤枠部分です!

3、ダウンロードしたファイルをクリックしてソフトをインストールします。

4、私がインストールした時は、特に考えることもなく、画面が変わるたびにNEXTをクリックするだけで問題ありませんでした。

5、NEXTをクリックしていくと、
次にインストール画面になりますのでInstallをクリックします

6、Finishをクリックします

7、アニメーションが数秒表示された後、

ソフトが起動して以下の画面が表示されますので、ここで設定します。

ここで少し注意が必要です!

必ずRestore Windows Photo Viewerをクリックしてから終了してください

以下のように設定を行います!

Restore Windows Photo Viewerをクリックします。

下の図の赤枠部分

8、クリックすると以下の画面がでますのOkをクリックします。

新たに画面が表示されますので閉じて問題ありません。

後で設定できます。

※本来なら、ここで新たに表示された画面で標準のフォトソフトをwindows フォトビューアーに変更すれば、いいのですが、私の場合は、既定のアプリという設定画面が表示されませんでした。環境によって違うようです。後で設定すれば、いいだけのことです。

9、次に設定が終わったので、Exitをクリックします。

10、すると以下の画面がでますのでいいえをクリックして終了します。

はいをクリックすると英語のドキュメントが開きました。

これで、設定が終了です。

あとは、先ほどの章の
「windows10にアップグレードしたPCの場合は、設定を変えるだけで「windows フォトビューアー」が使える」で行った方法で既定のソフトをwindows フォトビューアーに変更します。

これで、windows10でもwidnows7で使用していたwindows フォトビューアーが使えるようになります。

補足事項

もし上の手順7の画面で、Restore Windows Photo Viewerをクリックしないで設定を終了してしまうとwindows フォトビューアーが使えません。

ショートカットからソフトを起動してもなぜかエラー表示がでました。

そういう場合は、もう一度ソフトを上書きインストールして手順7の画面でRestore Windows Photo Viewerをクリックすれば、windows フォトビューアーが使えるようになりました。

windows10でwindows フォトビューアーを使ってみる

先ほど説明した方法、
windows10にアップグレードしたPCの場合は、設定を変えるだけで「windows フォトビューアー」が使えるの章
説明した方法で、

標準のフォトビューアー「フォト」をwindows フォトビューアーに切り替えます。

すると写真ファイルをクリックすると以下のようにwindows フォトビューアーが起動します

この状態でマウスホイールを上側に回す(↑)と写真が拡大されて、下側(↓)に回すと写真が元の大きさに戻ります。

下にある操作パネルで色々なことができます

左のアイコン(虫眼鏡)から8つのアイコンを順番に説明すると

●表示サイズの変更:拡大することができます。

●実際のサイズ(オリジナルのサイズ)に変更します。

●前の写真に戻ります。

●スライドショーの再生を開始します。
全画面になり、同一フォルダにある写真が次々と自動で切り替わります。
写真の上で右クリックすると、「一時停止」「終了」のメニューが表示されます。

●次の写真に進みます。

●左回りに回転

●右回りに回転

●今開いている写真を削除します。
削除すると本当に写真が、PCから削除されますので注意してください

「windows フォトビューアー」と「フォト」、どちらが使いやすいかは、ユーザーの好みによると思います。

また、再び「フォト」が使いたくなったら、先ほど説明した、「既定のアプリ」からの設定変更で元に戻すことができます。

私の場合は、ケースバイケースで、「フォト」と「windows フォトビューアー」を使い分けています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする