A4、B5で折り返せる便利なルーズリーフバインダー

ノートを使用するときに、不便だなと感じる点が3つほどあります。

それは、
1、書いた後で、そのページを違う場所へ移動させることができない

2、ノートの種類によっては、ページを破った場合、他のページも取れやすくなる

3、一般的なノートは、折り返しができないために開くと場所をとる

左右合わせて2ページがありますので、

A4サイズのノートならA4サイズ×2=29.7×21.0センチ×2倍

B5サイズのノートならB5サイズ×2=25.7×18.2センチ×2倍

の場所が必要になります。

Aサイズになると結構な場所が必要になるといえます

ルーズリーフを使うことで、1、2番目の問題は、解消できます。

しかし一般的なルーズリーフでは、3番目の問題をクリアできません。

リングノートを使うと2、3番目の問題をクリアできますが、

今度は1番目の問題をクリアできません。

そこでルーズリーフが、リングノートのように

折り返して使えたらいいのに

と思う方は、結構いらっしゃると思います。

今回は、この折り返せるルーズリーフについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

折り返せるルーズリーフの製作の難しさ

折り返せるルーズリーフがなぜ、それほど広まらないかについての理由は

折り返せるということは、基本的に、用紙をとめるリング部分だけが独立するということです

つまりルーズリーフの本体(表紙とルーズリーフの用紙)

とリング部分の2つに分解できる必要があります。

これが難しいのだと思います

例えば用紙をたくさん綴じれるようにすると、リングの輪(円周の部分)が大きくなります

そうなると、それだけの用紙を綴じても耐えられるように

約30個のリング部分をつなぐ背の部分(棒状のパーツ)が太くならざるを得ません。

しかし背の部分が太くなると折り返したときに綺麗に折り返せなくなります

その補強のパーツの太さが折り返したときに邪魔になってしまいます。

つまり折り返したときに段差ができてしまいます。

折り返しができても段差が大きいと書きづらくなります。

また用紙を綴じるリングを独立きるようにすると、

用紙の綴じ方で一般的なルーズリーフの綴じ方が難しくなります。

ここも難しいところです!

私の個人的な意見ですが

少ない枚数の用紙を綴じるだけなら、折り返しのできるルーズリーフは、作りやすい。

しかし、少ない枚数しか綴じれないのなら、使う用途が限られてしまいます。

需要も少ないでしょう。

こういった理由で、折り返せるルーズリーフという商品があまりないのだと思います

A4で折り返せるルーズリーフ

何種類か販売されていますが

私が実際に利用しているのは、以下の3つです。

1、リヒトラブ スライドリング金具 A4 100枚収容 F3196

実は、これは、金具の部分だけなんです。

なのでもちろん、表紙も、A4の用紙も付いていません。

しかし自作することで表紙は、作ることができます。

A4サイズのルーズリーフ用のインデックスに厚紙を貼るとか

色々な方法があります。

一応、100枚まで用紙を綴じることができるとされています。

実際に試してみた私の個人的な感想です!

A4の用紙をちゃんと綴じることができて、折り返して使うことができます。

ただ、私だけかもしれませんが、100枚まで綴じると若干ページのめくりが悪くなるような

気がします。

また、折り返して使うことができますが、若干の段差ができます。

少し残念なのは、用紙の入れ替えの際に、

好きな場所に簡単に用紙を差し込むことができません

用紙を移動させる場合には、この商品のシステム上、

一度、ある程度の枚数の用紙を抜いてからでないとページ(用紙)の移動ができません。

具体的に説明すると

一般的なルーズリーフと違い

ページを左右に開いた状態でページ(用紙)の抜き差しができません。

ただ、A4で折り返せるルーズリーフ自体が非常に貴重なのと

価格がとても安いので満足して使っています

2、リヒトラブ クリヤーブック 交換式 N1482-11 A4 30穴 10ポケット 藍

上記は、藍色(あいいろ)ですが、他にも9色があり全部で10色となっています。

実は、この商品の本来の使用目的は、商品名どおりクリヤーファイルです。

しかし、中に閉じられているクリヤーファイルを取り出して

そこにA4のルーズリーフを綴じることも可能です。

実際に使ってみた私の個人的な感想

本来の用途とは、違いますが

A4サイズのルーズリーフを問題なく綴じることができました。

またこの商品に最初に綴じられているのは10枚のクリヤーファイルですが

私は、100円ショップで購入したA4のルーズリーフを試しに50枚綴じてみましたが

私には、それほど問題なく使えました。さらに10枚追加して、合計60枚のルーズリーフを

綴じてみました。少し厳しいですが、なんとか使用することができました。

※さすがに50枚以上綴じると折り返しに難が出てきました。
しかしこれは、本来の収納可能枚数を大きく超えているため、しかたないでしょう。

表紙も付いていますし、折り返しもできます。

私は、100満点の出来と言ってもいいと思います。

この商品は、通常のルーズリーフと同様に

ページを左右に開いた状態で用紙の抜き差しが可能なので

用紙を好きな場所に簡単に移動させることができます。

またリングが小さい(リングの円周が小さい)ので、折り返したときに

ほぼ完璧に近い状態で快適に文字を書くことできます

ルーズリーフで気になる段差がほぼありません。

ルーズリーフの場合どうしてもリング付近まで文字を書くと文字を書いている手が

リングに当たってしまい、リング付近は、書きづらくなりますが、

それがほぼありません。これは、すごいと思いました!

それを可能にしているのは、この商品のルーズリーフ用紙の独特の綴じ方です。

この商品を購入してこんな用紙の綴じ方があるのだと感心してしまいました。

ワンポイントアドバイス!

リングを開く場合は、商品に記載されているやり方で問題ありませんが

私のように本来の用途と違った使い方で、ルーズリーフをたくさん綴じた場合に

リングを閉じるときは

机などに置いた状態でリングを閉じるよりも

左手でルーズリーフの本体を持ち上げて(折り返した状態で持ち上げる)

右手でリングを閉じたほうが閉じやすかったです。

(右手の親指と人差し指を使って左右にスライドさせる)

またどうしても、よりたくさんの用紙を綴じたい場合は、以下のような方法もあります!

1つ厚型の一般的なルーズリーフを購入して(閲覧専用として使用する)

その中に普段使わない用紙を綴じてやればよいと思います

ゴチャゴチャになるのがいやなら、インデックスで分類管理すると後で見やすいです

私は、そういうふうに使用しています

その他にA4で折り返せるルーズリーフバインダー

その他にもエイチ・エスで販売されているCR-Fバインダーという商品があります。

サイズは、A4の他にもA5とB5があります。

収容枚数は、メーカーの公表値では、60枚となっています。

色(表紙の色)は、全部で6色有ります。

エイチ・エスのルーズリーフバインダーのページへ

使用してみた私の感想

私は、A4のタイプをクリア・ピンク・スモーク・バイオレットの合計4つ購入したことが有りますが、メーカーの収容枚数60枚よりも、若干多くルーズリーフを綴じても何の問題もありませんでした。

ただ、簡単にルーズリーフバインダーが左右に開いてしまわないためなのか、開閉がやや堅いという印象がありました。

そういう方のためにメーカーでは親切に開け方の動画を公開されていました。
もし、私のように開閉が堅いと感じた方は、以下のページをご覧になるといいと思います。
動画での説明がありますよ

http://hs-bungu.com/binder/cr%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

また、販売店ですが、私は、全国展開している大型の本屋の文教堂さんの文房具コーナーで購入したのですが、

Amazonでは表紙とリングが別々に販売されているようです。

私は、実店舗で購入したので、ハッキリとわかりませんが、恐らく以下の表紙リングを購入すれば、ルーズリーフバインダーとなるように思います。

以下は、スモーク色の場合です。

表紙


エイチ・エス CR-F表紙 A4 スモーク

リング部分


エイチ・エス CRリング A4 スモーク

その後、色々、調べると、こんな商品も出てきました。

私は、実際に、購入したことが無いのですが、購入された方のレビューを読むと、おそらく、折り返しが出来るルーズリーフバインダーではないか?と思われます。

エイチ・エスのCR-Fバインダーの販売店について!

また、実際に実店舗で商品を見てみたいという方は、エイチ・エスの公式サイトの上部のメニューに 取り扱い店舗 という項目がありますのでそちらで確認するとよいと思います。

エイチ・エスの公式サイト

URL→ http://hs-bungu.com/

B5で折り返せるルーズリーフ

実は、こちらも私が、実際に購入して使用して気に入っているのは

上記と同じくリヒトの商品です

正確に言うとB5では、なくセミB5タイプになります

1、リヒトラブ ツイストリングノート N1610‐8 青 セミB5

こちらは、かなり厚型タイプで150枚まで収納可能です

上記の色は青色ですが、全部で5色あります

2、リヒトラブ アクアドロップス・ツイストリングノート セミB5 29穴 黄緑 N1608-6

こちらは、上記の商品の薄型タイプです

色のバリエーションは、全部で8色です

※私は、厚型のタイプしか購入したことがないので、

薄型が実際に、どれくらいの枚数を綴じることが可能なのかはわかりません。

今見ると、収容量、約30枚と書かれていました。

●実際に使用してみた私の個人的な感想

私は、厚型のタイプしか購入したことがないのですが、

この商品も個人的には、100点の出来です!

折り返して使用することは、もちろん出来ますし

折り返しの際の段差もほぼありません。

150枚という多くの枚数を綴じることが、可能なのでとても重宝しています!

また、リングの開閉も簡単ですし

左右のページを開いた状態で用紙を抜き差しすることが出来ますので

簡単にページを移動させることもできます。

この商品も上記のA4タイプで説明した

リヒトラブ イージーチェンジクリヤーブック N1482-1 乳白 A4S 20P

と同じリングの開閉システムを使用していますので

多くの枚数を綴じれる割には、段差が少なく快適です。

薄型を購入すれば、段差がさらに少なくなり快適だと思います。

少しおしいなと感じたのは

たくさん用紙を収納できるために

リングがやや大きく、用紙の端で文字を書くときに若干リングのでっぱりが気になったくらい

です。

しかし、これは、収納枚数が多いので仕方ありません。

気になる方は、薄型を購入して、普段は、薄型を使い

用紙がある程度増えてきたら、書き終わった用紙を厚型に移して管理すればよいと思います。

用紙のサイズと用紙の補充に関して

B5のルーズリーフが、26穴なのに対して

リヒトのセミB5のルーズリーフは、29穴なので互換性が、ありません。

またサイズに関してですが

用紙のサイズは、ほとんど変わらず

B5のルーズリーフに比べて

縦の幅で約3ミリ、横の幅で約5ミリほど小さいだけでした。

セミB5タイプのルーズリーフの用紙は、あまり売られていません。

もちろんリヒトの専用用紙がありますが、

急ぎの場合、近くで買いたい場合は、100円ショップで、

セミB5タイプのWリングノートを見つけて

中の用紙だけを使えばよいと思います。

その際、穴の数に気をつけてください。

セミB5でも29穴でないタイプもありました。

長くなりましたが、やはり折り返せるルーズリーフは貴重で

とても役に立つ商品だと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする