ワードプレスでbmpファイルをアップロードできない件と対策方法!?

最近ふと気が付いたのですが、今までbmpファイルを画像データとしてワードプレスの投稿の編集画面でアップロードすることが出来ていたのですが、いつの間にか、出来なくなっていました。

恐らくワードプレスのバージョンアップが原因だと思われます。

調べてみると、ワードプレス4.71ぐらいからその症状が出ているという報告が多いような気がします。

ワードプレスの投稿の編集画面で、メディアを追加でbmpファイルをアップロードすると「セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません」というエラーメッセージが出てしまいます。

しかし、不思議なことに私の環境下では、つい最近までbmpファイルが使えていました。

使えなくなったのは、ワードプレスのバージョンが5.0を超えてからだと思います。

これは、推測ですが、私が、サイトのSSL化を行ったのが、つい最近なので、それが関係しているのかなと思っています。

まあ、どちらにしても、この記事を書いている時点でのワードプレスのバージョンは、5.0.2ですが、間違いなくbmpファイルはアップロードできなくなっています。

というわけで、今回の記事では、bmpファイルをアップロードする方法を考えてみました。

スポンサーリンク

意外と利用が多いビットマップイメージ(bmp)ファイル

ワードプレスで記事を書く際に、bmpファイルを多く使うのは、ソフトなどの設定や使い方を説明するときに、操作画面をキャプチャーする際ではないでしょうか?

パソコンのキーボードのプリントスクリーンボタンを押すと簡単に現在パソコンに表示されている画面をキャプチャーすることが可能で、ソフトの使い方などを説明するのに大変便利です。

このbmpファイルがワードプレスの投稿記事に画像データとしてアップロードできなくなったのは、とても不便に思います。

私以外の方でもそう思っている方は多いのではないでしょうか?

ちなみに、現在、ワードプレスの投稿の編集画面でbmpファイルをアップロードすると以下のようなエラーメッセージがでます。

ワードプレスでbmpファイルをアップロードする方法はいくつかあるらしいが・・・

というわけで、bmpファイル(ビットマップイメージ)をアップロードする方法ですが、調べてみると以下のような方法があることがわかりました。

●functions.phpを編集する

この方法で可能らしいのですが、実際にワードプレスのテーマの編集画面からfunctions.phpを探してコードを書き込んでみましたが、何度やってもbmpファイルをアップロードすることはできませんでした。

一応、bmp、.bmpと両方ともコードの中に書き込んで試してみましたが、出来ませんでした。

何か私のやり方が間違っているのかもしれませんが・・・

どちらにしても初心者には少し難しいと思いました。

●wp-config.phpを編集する

こんな方法もあるらしいですが、この方法も、初心者には、敷居が高いと思います。

といのは、ワードプレスの管理画面で、テーマの編集画面を開いても、wp-config.phpという箇所がありません。

そのためFTPソフトなどでアクセスする必要があると思われます。

●Disable Real MIME Checkというプラグインを使う

この方法が、一番、簡単らしいのですが、実は、このプラグインをインストールしようとすると、ワードプレス5.0.2では、未検証と表示されました。

また、さらに、2年以上更新されていないようです。

私は、過去に色々なプラグインを入れて何度も不具合を起こしたことがあるので今回は見送りました。

特に、ワードプレスがバージョン4から5へメジャーアップデートされた後なのでなおさらでした。

また、ネットで探してみても、このプラグインの使い方を詳しく説明しているサイトは、ほとんど見つかりませんでした。

そのため、この記事を書いている時点、ワードプレスのバージョン(5.0.2–ja )では、個人的にあまりおすすめできません。

製作者様の更新が待ち遠しいですね。

一番安全で簡単なのは、bmpファイルをjpegやpngファイルに変換すること!?

できれば、簡単に、ワードプレスで以前のようにbmpファイルを扱える設定があれば、それにこしたことはないのですが、初心者が、簡単に、安全に出来る方法は、私が探したところ残念ながら見つかりませんでした。

※もちろん私が知らないだけで、他に方法がある可能性もあります。

それなら、bmpファイルをワードプレスでアップロード可能なJPEGファイルやPNGファイルに変換するのが、最も手軽で安全な方法といえるのではないでしょうか?

bmpファイルをJPEGやPNGファイルに変換する方法

パソコンには、便利な機能があり、キーボードの右上にあるプリントスクリーン(PrtScnSysRq)ボタンを押すと、PCの画面に表示されているものをそのままキャプチャー(保存)することが出来ます。

※ノートパソコンの場合は、Finキーと同時押ししないとプリントスクリーン機能が働かない場合があります。

プリントスクリーン機能でキャプチャーしたbmpファイルを最も簡単にjpegやpngに変換する方法は、ビットマップイメージの編集画面で、違う拡張子で保存することです。

※プリントスクリーン機能を使っていない場合も以下の方法でbmpファイルを変換できます。

やり方はとても簡単です

今回は、windows7のPCで行っています。

1、まず、すでに作成されたビットマップイメージ(bmp)ファイルの上で右クリックして新しく表示されたメニューの中の編集をクリックします。

2、ペイントの編集画面が表示されますので、下の赤枠部分をクリックして新たにメニューを開きます。

3、そうしたら、その中の名前を付けて保存にマウスカーソルを合わせます。

※このときクリックしてはいけません。クリックするとそのままbmpファイルで保存されます。

すると以下の図のようにPNGやJPEGなどが表示されますので、PNGやJPEGをクリックして保存します。

※JPEGで保存したほうが、やや高画質になります(その分容量も少し多いです)

するとbmpファイルの画像が、先ほど指定した拡張子で保存されます。

bmpファイルを他の拡張子に変換するなら、この方法が、一番手軽で簡単だと思います。

参考のために、画質に関しては!

bmp>JPEG>PNG 

という順番で、やはり画質がいいのは、bmpファイルです。

また保存後のファイルの容量もかなり違ってきます。

保存した画像の容量の大きさも上記と同じで以下のようになります。

bmp>JPEG>PNG

やはり画質がよい分、bmpファイルが一番容量が大きくなります。

bmpファイルをJPEGに変換できるフリーソフトを使う

私が使っているのは、JPEGに変換できて、さらにリサイズ(縮小)もできる

縮小専用。というフリーソフトです。

●ソフト名(フリーソフト)

縮小専用。

●ダウンロード先

https://i-section.net/

●簡単な説明が書かれたページ

https://i-section.net/software/shukusen/

使い方は、とても簡単で、基本的に縮小したい画像、JPEGに変換したいbmpファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

設定する場所がありますが、それほど難しく考えなくてもうまく行ってくれます。

ちなみに私は、以下のような設定で使っています。もちろん設定はお好みでどうぞ!

個人的におすすめなのは、このソフトを使う方法です。

というのも先ほど少し述べましたが、それは、画質の問題です。

このソフトでJPEGに変換すれば、原本のbmpファイルとほぼ変わらない高画質で変換してくれます。しかも容量も小さいです。

※画質は、調整可能です。

ちなみに、画質と容量ですが、上記の図を実際に計測してみました。

ファイルの容量に関して

●縮小専用。ソフトでJPEGに変換(私の設定の場合):160KB

●bmpファイルオリジナル:490KB

●bmpファイルをビットマップ編集画面でJPEGに変換した場合:84KB

●bmpファイルをビットマップ編集画面でPNGに変換した場合:19.4KB

というようになりました。

画質のよさは、ファイルの容量に比例しました。

1番、画質が、よいのは、bmpファイル、次に縮小専用。で変換したJPEGという感じです。

しかし、うれしいのは、この2つのファイルは、ほとんど画質に差がないと思います。

そこが、私が、bmpファイルをJPEGに変換するのに縮小専用。というソフトをおすすめする理由です。

※もちろん、このソフトは、自分で画質の調整も可能です。画質がよくなればその分容量も増えます。

次回のワードプレスのバージョンアップの際には、また、bmpファイルが普通にワードプレスでアップロードできるようになって欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする