301リダイレクトを使ってサイトの引越しをする際の注意点

自分が運営するブログやホームページ等のサイトを何かしらの理由で新しいサイトへ

引越したいというケースが出てくる場合があります。

今回は、サイトの引越しに関しての記事です。

サイトの引越しの際には

301リダイレクトを使う方法が、現在の主流といえると思います。

その理由は、検索エンジンが推奨しているからです。

スポンサーリンク

301リダイレクトとは?そのメリットとは?

サイトのURLアドレスが変更された場合に使用される転送処理用のコードです

302リダイレクトが、一時的な転送に使われるのに対して

301リダイレクトは、恒久的な転送に使われます。

つまりサイトの引越しの際には、通常、301リダイレクトが用いられます

301リダイレクトを行うメリット

1、以前のサイトの評価を引き継ぐことができる

例えば、引越し前のサイトが、ある程度人気がありアクセス数が多いサイトだった場合

普通にサイトを移転すると新しいサイトは、文字通り新サイトとみなされて

今までの評価を引き継ぐことができず、検索順位が落ちる可能性が高いです。

2、301リダイレクトを使ってAというサイトのリンクをクリックしたときに

Bサイトへ自動的に転送するようにすると

検索エンジンは、この2つのサイトが同一サイトであると認識します。

もちろん2つのサイトが同一サイトであることが条件です

ここがとても重要なところです。

というのは、301リダイレクト以外にもメタタグを使ってリンク先へ転送させる方法が

ありますが、この場合2つのサイトが同一サイトだと認識されません。

検索エンジンには、2つのサイトは、別サイトだとみなされます。

これがやっかいで、不人気サイトやサイトを始めたばかりなら、それほど影響が無いかもしれ

ませんが、人気サイトで、ある程度の記事数があり、ボリュームのあるサイトだと

B(新しいサイト)がA(移転前のサイト)のコピーサイトだと認識される恐れがあります。

そうなると新しいサイトBは、著しく検索ランキングを落とされる危険性があります。

だからこそ、私も含めて、みなさんが、サイトの引越しの際に、

301リダイレクトを使うのです。

301リダイレクトを行うときの注意点

●すべてのサイトで301リダイレクトを行えるわけではない

サーバー側が301リダイレクトに対応していないと使えません。

私も最初サイトを引っ越したときに初めて知ったのですが

基本的に無料ブログでは301リダイレクトが使えない可能性が高いです

有料レンタルサーバーに契約している方は、ほぼ間違いなく301リダイレクトが可能です。

事前に引越しするサイト(旧サイト)のサーバーが301リダイレクトを行えるか

調べておいたほうがよいでしょう

●サイトの移転の際に、301リダイレクトを使う場合

旧サイトの記事全てを一括で新サイトの1つのURLに転送するのはやめるべき

これは、どういうことかというと

例えば、AサイトからBサイトに引越しする場合

Aサイトは、10個の記事で構成されていたとします

この10個の記事をすべてBサイト(新サイト)のトップページのURLに転送するようなこと

は、やめたほうがよいということです。

以下のような移転の仕方はやめたほうがよいです。

Aサイトの1ページ目→Bサイトのトップページへ転送

Aサイトの2ページ目→Bサイトのトップページへ転送

引越しするほうからすると楽なのですが、実はこの方法はよくありません。

なぜやめたほうがいいのかというと

1、まず、ユーザーが戸惑う

目当てのページを検索してクリックしたのにリンクだらけのメニューが存在する

トップページに転送されると

ユーザーは、どこを探していいのかわかりません。

不親切だし、ユーザーが、そのページから離脱する時間が速くなり

SEO的にも不利になる可能性があります。

2、旧サイトの評価を引き継ぐことはできるが、ある程度しか評価を引き継げない

これは、301リダイレクトで転送するときのルールらしいですが

検索エンジンは、移転前、移転後の2つの記事の整合性で評価をどのくらい引き継ぐかを

決めているらしいです。

なので

●Aサイトの記事(野球のポジションについて)→Bサイトの同じタイトルの記事へ移転

※記事のタイトルも内容もいじっていない

上記の場場合は、ほぼ100%評価を引き継ぐことができますが

●Aサイトの記事(野球のポジションについて)→Bサイトの記事(今までの野球の名勝負)

へ移転

この場合は、タイトルも記事の内容も違うため、たとえ同一サイトであっても

あまり評価を引き継ぐことができません

AとBの記事のページが整合性で、ほとんど一致しないからです

結論は、

手間は、かかりますが

301リダイレクトを行うときは

記事ごとに個別に転送コードを書いたほうがよいということです

10個の記事で構成されているサイトなら転送コードも10個必要ということになります

無料ブログを引っ越しする場合

つまりは、無料サーバーを使っている場合です

301リダイレクトを使えない可能性が高いです。

meta refreshを使った移転の方法もあるのですが、

これだと2つのサイト(新、旧サイト)が同一サイトと検索エンジンに

認識されないため、おすすめはできません。

同一サイトと認識されませんので、もちろん旧サイトの評価も引き継ぐことができません。

そういう場合

rel=canonical という方法があります

私は、移転するサイトのサーバーが、301リダイレクトを利用できたので

この rel=canonical を使用してサイトを移転する方法は、試したことがありません

ただ、301リダイレクトを利用するより難しいようです。

長くなりましたので、具体的に301リダイレクトを行う方法、.htaccessファイルを作成する方法などについては、次の記事で説明します

次の記事

301リダイレクトでサイトを移転する方法後編

サイト移転の際の.htaccessファイルの作り方と転送の仕方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする