ロト6の予想方法と数字の選び方について!

宝くじ関係を購入したい方には、

私は、ロト6をおススメします!

理由は、簡単です!

通常の宝くじは、自分で当選番号を選ぶことができません。

あくまで受身です!

しかしロト6は、自分で数字を選ぶことができるからです。

ロト6は、数字選択式全国自治宝くじのひとつです。

数字選択式全国自治宝くじには、

他にもいくつかの種類がありますが

私は、ロト6の当選金額と当選確率のバランスが一番気に入っています。

今回の記事では、

私なりのロト6の予想の方法や数字の選び方について説明したいと思います!

購入の際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

私がロト6を購入する理由

数字選択式全国自治宝くじには、他にも

ナンバーズ3、ナンバーズ4、ロト7、ビンゴ5などがありますが

私は、ロト6が、一番バランスがよいと思っているので

買うのは、ほぼロト6オンリーです。

ロト7は、一口300円ですが、

ロト6は、一口200円で購入できます。

またロト7は、一等の当選確率が1000万分の1以下ですが、

ロト6は、約600万分の1です。

他の数字選択式全国自治宝くじは、当選確率は高いですが

その分、一等の当選金額が少ないため、私には、魅力がありません。

ロト7は、一等の当選金額が高く魅力的ではありますが

まだ歴史が浅いため、統計的データが不足しているように感じます。

その点、ロト6は、1100回以上の過去のデータが存在することになり

予想がしやすいと思います。

ロト6の予想の前に!

予想の仕方、数字の選び方の紹介の前に

これだけは、最初に、ことわっておきますが

ロト6に確実な攻略方法は、存在しません。

数字の出現は、ランダムです!

なのであくまでも予想になります。

どんなに頑張っても

予想の範疇を超えることは不可能です。

次に出現する数字は誰にもわかりません(笑)

ロト6の予想を補助するフリーソフト!

予想する際に自分で紙と筆記用具、電卓などを使って

数字を選んでもかまいませんが、

どうせ予想するなら効率よく予想したいものです。

そんなときに便利なのがLotoBrowserというフリーソフトです。

このソフトは、予想を補助するためのソフトです。

色々なデータを見ることができて

使うとより簡単に数字を算出できると思います。

このフリーソフトの存在を知る前は、

せっせと自分でエクセルにデータを入力していたのですが、

このソフトのおかげで大変助かっています。

フリーソフトで、ここまで高機能なロト6関連のソフトを私は知りません。

私のイチオシのフリーソフトです!

製作者様に、この場をかりてお礼を申し上げます(^^♪

日本最大級のダウンロードサイト ベクターよりダウンロードできます。

寄付歓迎ソフトですが、基本的にフリーソフトですので無料で使用できます。

気に入った方は、

寄付されると今後のバージョンアップにつながるかもしれませんね。

LotoBrowserというソフトは

昔は、ロト6の予想補助の機能しかありませんでしたが

現在は、ロト6の他にも、ミニロト、ロト7のデータを

調べることができるようになりました。

ロト6の数字の選び方(予想の仕方)

いろいろな数字の選び方、予想の仕方があると思いますが、

まずは、代表的なものから紹介していきます。

 1、記念の数字、自分に関係のある数字

これは、ほとんどの方が、試してみたことがあるのではないでしょうか?

例をあげると

自分の誕生日、子供の誕生日、恋人の誕生日、会社の社員番号、

さらに深く掘り下げると

今日、コンビニで購入した合計金額の末尾とか

探せば、自分に関係する数字は、いくらでもあると思います。

たまに、その数字が1~43に収まらない場合がありますが

そんな場合は、2つの数字を足したり、掛けたり、引いたり、割ったりしてみると

1~43の数字に収まる場合があります。

この買い方で、長期戦で購入する方も多く、

私は、このやり方で

高額当選をした方の体験談をネットで読んだことがあります。

そのときの当選金額が、確か、3億2千万円というからうらやましいですね!

ちなみに、ドラマ化もされましたので、知っている方も多いと思います

※現在は、確か、トップページしか見れなかったはずです

記念の数字や自分に関係のある数字を購入する!

これは、
長く同じ番号を買い続けたいと思う人に向いた方法といえると思います。
この場合は、多くの数字を買うのではなく、1口~3口を買い続けるほうが
長続きすると思います。


 2、相性数字を調べて使ってみる!

これも利用する方が多いですね。相性数字とは、簡単に説明すると 

例えば過去の統計データ上、

1が出た後には、15が多く出ている

逆に6がほとんど出ていないという場合

15は、1と相性の良い数字に、6は、相性の悪い数字ということになります。

次回の予想をする際

相性の悪い6をあらかじめ外して予想するという方法もあります

この相性数字に関しても

先ほど説明したLotoBrowserというフリーソフトを使うと

簡単に調べることができます

この相性数字ですが

調べる期間によって大きく違ってきます。これも面白いですよね!

例えば、過去30回の相性数字、過去100回の相性数字などでは、

全く違うこともあります。

どの期間の相性数字を予想に使うかが、ポイントになるかもしれませんね!

この期間の設定も先ほど紹介したフリーソフトで簡単に行うことができます!

ちなみ私は、

最新から過去30回、最新から過去43回でデータを取ることが多いです

それほど深い意味は無いのですが、

過去43回のデータというのは、ロト6の数字が、43個だからです。


 3、最近出ていない数字に注目する(削除数字を決める)

例えば、最近30回に37が一度も出ていないとします。

あなたならこの37という数字をどう考えますか?

最近、出ていないので次も出ないと予想するか?

逆に、そろそろ出ると予想するか?

出ないと予想するなら37を省いて予想すれば、

それだけ少ない数字から6つの数字を選ぶことができます。

また、それとは逆に

そろそろ37が出ると予想するなら

37を軸数字として設定するのも面白いと思います

軸数字とは、購入する際に必ず入れる数字のことです。

例えば次回3口買う場合

37を軸数字とすると三口すべてに37を入れることをいいます。

ちなみに、最近出現していない数字をLotoBrowserで調べるには

出現数分析をクリック → 回数を指定にチェックを入れます →

→空欄に回数を入力 → 検索ボタンをクリック → 表の合計をクリック

1度合計をクリックすると 出現数が少ない順に

もう一度合計をクリックすると今度は、出現数が多い順に表示されます。

軸数字と削除数字では、予想が当たれば、桁違いに

軸数字の方が、強い効果が発揮できます!

上の例で言えば、37が出ると予想してその予想が、的中すれば

あと残り5つのうち、2つの数字が当たれば、最低でも5等以上が確定します!

削除数字について

自分なりの削除数字を予想して決めるのは楽しいものです!

削除数字が的中すれば、それだけ当選確率も高くなります!

しかし、削除数字が多すぎると、当然ながら削除数字が外れる確率も高くなりますので

削除数字の数は、程々にしたほうがいいと思います。


 4、最近出ていない数字をさらに曜日で絞り込む

ロト6は、毎週2回実施されています。ご存じのとおり、月曜日と木曜日です。

ということは、月曜日にあまり出ていない数字 

木曜日にあまり出ていない数字を調べて

さらに数字を絞ることができます。

その数字を削除数字にしたりすると面白いと思います。

※削除数字とは、次回に数字を選ぶときに、はずす数字です。

ちなみにこれもLotoBrowserを使って簡単に調べることができます

1、ソフトを起動して出現数分析をクリック

2、曜日選択で選択したい曜日(月曜のみ、木曜のみ)のどちらかにチェックを

入れます

3、回数を指定すれば、お好みの期間で曜日ごとの出現数が少ない数字を

調べることが可能です

例えば、この記事を書いている時点での

ロト6の最新の抽選回数、

つまり1199回の時点で(第1回~1199回)において

月曜日に

一番多く出現している数字は、08で出現数59回

逆に一番出現数が少ない数字は、11で出現数は、32回

ということが簡単にわかります。

お好みで回数を指定すれば、さらに面白いデータを調べることができて

次の予想に活かせるのではないでしょうか?

ちなみに私は、データを取るときは、だいたい最近30回の短期データと

最近100回くらいの中期データを比較しながら

その中で出にくい数字を自分なりに予想しています

主に使うのはやはり短期データをですね。

このデータを調べる作業も、このソフトがないときには、

調べるのに大変な手間がかかりました。便利になったものです(^^♪


 5、下一桁に注目してみる

例えば、31の下一桁は、 1

22なら2が下一桁の数字ですよね。

この下一桁の数字ですが、当然のごとく

全部で0、1、2、3、4、5、6、7、8、9

の10個あります。

ロト6で抽選される数字は、6つです。

そうです。

実は、この10個の下一桁の数字は、最大で出現しても6つで

残りの4つは、一つも出ないのです。

ここに注目してみるのも面白いと思います。

例えば、今回の当選数字が、(例)11 ・12・23・24・25・36

だったとします

今回の当選数字の下一桁を調べてみると

1(11)、2(12)、3(23)、4(24)、5(25)、6(36)

になります

すると下一桁(末尾)が、7、8、9、0の数字は、出なかったことになります

つまり

7、17、27、37

8、18、28、38

9、19、29、39

10、20、30、40

の16個の数字は初めから削除できたことになります。

この下一桁の数字ですが、実は意外に偏りがあるんです。

つまり5回連続で下一桁(末尾)3の数字が出なかったり

逆に7回連続で下一桁8の数字が出たり、

といったことが、短期間では、意外と多くあります。

これを予想に取り入れてみるのも面白いと思います

LotoBrowserでは、この下一桁の分析もできます

ちなみに

当選数字の下一桁の数字は、最高で、6つ出現!

例えば、01 12 13 14 25 36 という場合

下一桁は、1、2、3、4、5、6 の6つになります

逆に偏った出方をした場合は下一桁の数字が

最低で2つしか出現しない場合があります

例えば 当選数字が、10 20 11 21 31 41 だった場合

この場合の下一桁の数字は 0と1の2つだけです!

おそらくキャリーオーバーになるでしょうね(笑)

   実際の下一桁(末尾)の偏りの例    

下一桁の数字が、偏るということを実際の例でご説明します

LotoBrowser の一桁分析から抜粋させていただきました

ご覧のように

1014回から1024回までの間、

下一桁(末尾)が6 の数字は、11回連続で出現しませんでした

※赤枠の部分です

つまりこの11回の間

06 16 26 36 は、一度も出現しなかったということです

このように偏りは、短期間でみると、割と頻繁に起こります!

なので、この偏りを予想に活用してみるのも

面白いと思います!

まあ、山を張るということですね(笑)


 6、軸数字を決めて予想する!

軸数字とは、先ほど説明したとおり

次の回に必ず出ると予想する数字です。

つまり必ず入れる数字です



この軸数字を決める一番簡単な方法は
前回の当選数字から1つ選ぶことだと思います。

前回の当選数字から次回に
同じ数字が出る確率を調べてみると!


●前回と同じ数字が1つ出現 約46%

●前回と同じ数字がなし   約35%

●前回と同じ数字が2つ出現 約16%

●前回と同じ数字が3つ出現 約1.6%

●前回と同じ数字が4つ出現 約0.3%

●前回と同じ数字が5つ出現 0%

●前回と同じ数字が6つ出現 0%



となります。

※およその数値です。あくまでも参考程度に考えてください

ただし、長い期間での実測値ですので、それほどかけ離れてはいません。


ということは、前回の当選番号の数字が、1つあるいは、2つ出る確率、

つまり、前回の数字が次回に1つ以上出現する確率は

46+16+1.6+0.3=約63.9%以上となります。

結構な確率ではないでしょうか?

ここからひとつ軸数字(引っ張り数字)を

決めてみるのも面白いと思います。

軸数字が当たると当選に一歩近づきます。

逆の発想もあります。

前回の数字から同じ数字が1つ以上出る確率は、だいたい65%くらいです。

そのため、前回の数字から1つを軸数字として予想する人が多いです。

しかし、逆の発想をすると

前回の数字が次回に、ひとつも出ない確率は、約35%です!

ということは、前回の数字をすべて削除数字(予想から外す)にすると

10回中、3回強は、削除数字(6つの数字)がすべて的中することになります。

10回中、約3回、6つの削除数字が的中すれば、それだけ

当選の確率も高くなります。

この確率をどうとらえるかは、みなさんの考え方次第です。


 7、合計数字に注目してみる!

毎回ランダムに選ばれる6つの数字ですが
この6つの数字の合計の値に注目してみると

最小値は、1+2+3+4+5+6=21で
最大値は、

43+42+41+40+39+38=243となります。

かなりの開きがありますね!


数学的に考えてみて

出やすい合計数字や逆に出にくい合計数字に

注目してみるのも面白いと思います。


LotoBrowserでは、パターン分析 → 合計

調べることができます(^^♪

ちなみに、私は、購入する際、合計数値が100以下の配列と

合計数値が170より多い配列は、省いて数字を選んでいます。

ちなみに統計的なデータでは以下のようになっています

少し見づらいかもしれませんが

6つの数字の合計が、

120~129が、全体の約15.6%を占めて1位ということです

また6つの数字の合計が

110~149までが、実に53.4%となり

全体の半分を超えています

つまり、統計データ上では2回に一回以上は、

6つの数字の合計が110~149の間ということになります


 8、奇数と偶数の割合に注目してみる!

ロト6では、1~43の数字が存在します。

ここで注目したいのは、奇数と偶数の割合です。

一番出やすいのは、

当然ながら平均である奇数3個偶数3個の出現です。

また出にくいのは、奇数0個-偶数6個、奇数6個-偶数0個

のパターンです!

ロト6で抽選される43個の数字では

あらかじめ奇数がひとつ多いので

もっとも出にくいのは

理論上は、奇数0個-偶数6個の組み合わせになるはずです。

なので私は、購入する場合

なるべく奇数3個-偶数3個のパターンを買うようにしています。

このパターンなら

もし当選番号が奇数が0個の場合も、まだ5等の可能性があるからです。

しかし、はじめから、奇数5個ー偶数1個の数字を買うと

当選番号が奇数0個の場合、5等の可能性もなくなってしまいます。

このように奇数3個ー偶数3個のパターンは、バランスがとれていると

いえるのでは、ないでしょうか?

以下が実際のデータです!

奇数と偶数の割合 出現数 割合
奇数6個ー偶数0個   24回 2.0%
奇数5個ー偶数1個   99回   8.3%
奇数4個ー偶数2個  294回  24.5%
奇数3個ー偶数3個  381回  31.8%
奇数2個ー偶数4個  302回  25.2%
奇数1個ー偶数5個   97回   8.1%
奇数0個ー偶数6個   2回   0.2%


 9、出現の周期に注目してみる

これは、ちょっとややこしいかもしれませんが

例えば、01という数字の、ここ最近5回の出現に関してみてみると

3、5、7、2、6回 ごとに出ているとしましょう。

上記の意味は、

最近、01が出たのは、

3回前、その前は、5回前、その前は、7回前に出現したということです

具体的に例を挙げると

例)次回が、仮に第100回の抽選だとします。

ここ最近5回の01の出現間隔が上記だとすると

以下のような周期で01が出現していることになります

次回 第100回抽選日 

その3回前

第97回抽選日  01・・・・・

その5回前

第92回抽選日  01・・・・・

その7回前

第85回抽選日 01・・・・・

その2回前

第83回抽選日 01・・・・・

その6回前

第77回抽選日 01・・・・・

こんな感じです

上の5つの数字を足すと23です。

そして23を5回で割ると4.6になります。

つまり少し強引な考え方かも知れませんが、

01という数字は、ここ最近では

4.6回に1回出ていることになります。

これを43個の数字、すべてについて調べて

次回に一番周期が近い数字を選んでみるという方法です。

例えば、01という数字の周期を4.6とした場合、

前回出たのは、3回前なので

4.6-3=1.6となり 周期の誤差が1.6というふうに計算します。

ちなみに、この考え方だと、

上の計算で0になった数字が一番周期が近いことになります

※もちろん、これは、あくまで私のやり方なので、

同じ周期(出現間隔)を用いた予想方法でも人によって大きく違います。

これに関しては、ズバリ算出することはできませんが

LotoBrowserインターバル分析を参考にすることができます。

実際に、私なりの周期予想のデータ取りを行ったことがありますが、

その感想は

波が非常に荒いということでした。

200回分ほどの過去のデータを取りましたが、

周期の上位6つの数字のうち、次回に5つ出現した回が1度だけありました。

もちろん過去のデータを取っただけですので、実際には購入していません(笑)

しかし、後は、大きく外れることが多く

周期をとる期間(回数)が、短期間か長期間かによっても大きく違ってきます


 10、他のサイトの削除数字を参考にしてみる

ネット上には、ロト6の予想サイトがたくさんあります。

たまには、他のサイトを運営している方が、考えた削除数字などを

参考にするのもよいかもしれません。

また、独自の予想方法を発見する糸口になる可能性もあります


 11、過去の当選番号から自分なりの予想方法を考えてみる

これは、過去の当選番号を注意深く見ながら、

短いスパンで何か、法則性がないか、探ってみるというものです。

もちろん数学的な根拠や、科学的な根拠は、一切ありません

しかし、ロト6をやってみた方は、わかると思いますが

出現数字は、短いスパンでは、偏ることが多々あります。

それを利用してみるという方法です。

例えば、ここ最近10以上の数字が出る回数が多い

偶数の出現が、理論値をはるかに上回っている

合計数値が、170以上が多いとか・・・・・

自分なりに短いスパンでの法則性を見つけてみると予想するのが

楽しくなるかもしれません。

ちなみに私は、第一数字と第二数字の差が10以内の組み合わせで

購入することが多いです。

具体的には

5 13・・・とか   13-5=8(差が10以内)

6 11・・・とかです 11-6=5(差が10以内) 

といった感じです

また、今回のボーナス数字は、次回の削除数字にしています。

一等が当たっても当選金額の少ない数字!

いくつかロト6の予想方法を紹介しましたが

できるだけ避けたいのが、他の当選者との数字の重複です!

つまり1等に複数の当選者がいる番号です

複数の当選者がいるということは、たとえ1等に当選しても

当選金額は少なくなります

歴代の1等の当選金額を見てもその差は歴然です!

現在、ロト6は、キャリーオーバー時の最高当選金額が、6億円になりました

しかし中には、

1等の当選金額とは思えないほど、低い当選金額の回もあります!

具体的な例をあげると以下のようになります!

回数 1等の当選金額 当選人数
230回 181万4700円 167人
1091回 804万6100円 15人
1042回 829万1100円 12人
146回 1千394万4100円 21人
84回 1千569万2300円 17人

できるだけ人が買わない番号で当選したほうが得!?

他の人が明らかに購入しそうな番号は、やめたほうがいいと思います!

その番号で例え当選しても、当選人数が多く

1等の当選金額が、著しく低くなる場合があるからです

他の人が買いそうな番号とは?

私は、1~12の中から3つ

1~31の中から3つ

の数字は、買わないことにしています

具体的には、

1 5 9 12 27 31

などです

どうしてかというと

3人の誕生日の番号をそのまま購入した場合

上記のようになる可能性があるからです。

月は12ヶ月ありますよね

つまり1~12

日は、多い月で31日ありますから

つまり1~31

上の番号で言うと

1月12日

5月27日

9月31日などに該当します

こういう全ての数字が誕生日に当てはまる番号は、

重複する可能性が高いと思っています

なので私は、こういう番号は、購入しません

少なくとも、1つは、32以上の数字を入れます

また、 1 2 3 4 5 6 

という数字が1等の当選番号になっても

当選金額は、いじるしく低い可能性が高いと思います

誰もが、簡単に考え付きますよね

ですから、購入するときは、なるべく他の人が買わない番号を購入したほうが

お得だと思います!

もし高額当選したら!

基本的に5万円までなら購入した販売所で

当選金を受け取ることができるはずです。

5万円を超える当選金額の場合は、

みずほ銀行での換金が必須になります。

一応、本人と証明できる身分証明書を

持って行った方がいいかもしれません。

当選金額が、50万円以上の場合は、印鑑も必要になります。

また高額当選の場合は、受け取りに数日以上かかることがあります。

また、高額当選証明書は、もらっておいたほうがよいでしょう

これがあると非課税のお金だということを税務署などに

簡単に証明できます。

また、最近は、ロト6をATMから買えるシステムも普及しています。

私の使っている銀行の一つもATMからロト6を購入できます。

このシステムを使うとみずほ銀行で手続きをしなくても

自動的に当選金額が、口座に振り込まれます。

大手銀行のキャッシュカードでは、ATMで購入できる場合がありますので

調べてみてはいかがでしょうか?

私にとってのロト6の意味!

一部の人には、宝くじ等を毛嫌いする人がいるかもしれません。

実は、私も昔そういう時期がありました。

しかし、ある日、ロト6をはじめて購入したときに

もしかしたら、このたった1口の数字が

2億円に当たっているかもしれないと思うと

なんとなく人生が楽しく思えてきました(笑)

別に一度に何十口も買う必要などないと思います。

たとえ一口、200円だろうと、購入すれば、

誰にだって1等の当選の可能性があります!

しかもそれが、週に2度味わえるのですから

私にとっては、安上がりなリラクゼーション方法となっています。

※最後に繰り返しますが、ロト6に攻略法や必勝法などは、

一切存在しません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする