ATMで小銭を預金(貯金)するとどれくらいの時間がかかるか?

消費税が導入されたあたりから、財布の中の小銭が増えたと思う方もいらっしゃるでしょう。

私に関して言えば、最初、おつりで貰った小銭もそのまま財布の中に入れていましたが

やはり財布が小銭でパンパンになり、ある程度小銭がたまったら、

家の貯金箱や、空き缶に移すことにしました

もちろん、会計のときに、1円玉や5円玉をきっちり無駄なく使えば

それほど小銭が増えることも無いのですが

やはり自分の後ろにレジを待つ他のお客さんが並んでいたり、

時間がなかったりすると、面倒なので

小銭を使わず、紙幣を使って支払いをしてしまいます。

まあ、そんな理由などで、小銭がある程度貯まってどうにかしたいと

思われている方もいらっしゃると思います

一番いいのは、銀行などの金融機関で預金することだと思います!

スポンサーリンク

預金と貯金の違いは?

預金=銀行などの金融機関にお金を預けることです

貯金=ゆうちょ、JAなどにお金を預けることです

基本的にお金を預けるということは同じです。預ける場所の違いです

小銭(硬貨)を預金(貯金)するなら窓口とATMどちらがよいか?

結論から言うと私のおすすめは

●少量の小銭(硬貨)ならATMで預金

※ただしATMが混んでいるときは、やめたほうが無難です。

この理由については、この後で述べています

●大量の小銭(硬貨)なら銀行の窓口で預金

ですね!

小銭(硬貨)を預金するときの注意事項!

●ATMの場合

すべてのATMで小銭(硬貨)を預金することができるとは限りません

小銭(硬貨)の投入口がないATMもあります。

基本的に、

コンビニなどに設置されているATMでは、小銭(硬貨)の預金ができないはずです。

●小銭(硬貨)を預金することが、可能なATMでも時間帯によっては

できない場合があります。

事前に調べておくとよいでしょう

●ほとんどのATMでは、一度に投入することができる硬貨の枚数は、

100枚までです。

それ以上、一度に入れると故障の原因になる可能性がありますので注意しましょう

また硬貨を入れるときは、財布の中のゴミ、埃などが入らないように気をつけましょう。

※ATMによっては、一度に入れることができる硬貨の枚数には違いがある可能性があります。

小銭(硬貨)をATMで預金するとどれくらいの時間がかかるか、実際に試してみました!

少量の小銭(硬貨)の場合は、ご存知の通りATMでも預金することが可能です

しかし私も何度か、財布の中の小銭をATMで預金したことがあるのですが

結構処理に時間がかかる気がします

後ろに人が並んでいると、躊躇してしまいます。

というのも、ある程度の枚数の小銭(硬貨)をATMで預金すると

通常の預金に比べて処理時間がかかるからです

というわけで、何度か、ATMで小銭を預金をしたことがありますが

実際にどれくらいの時間が、かかるか2店舗で調べてみました

●ATMで小銭を預金(貯金)したときにかかる時間は?

ケース1

北海道でベスト3に入る大きな銀行の某支店のATMで小銭を預金してみました

小銭は、一度に100枚以上入れないように、というメッセージが表示されました

94枚の硬貨を実際に預金してみました

操作画面の預け入れというメニューをタッチしてから

約1分13秒の時間がかかりました

ケース2

全国で知らない人はいないだろうと思われる有名な金融機関のATMで小銭を預金してみました

こちらも先ほどと同じように

小銭は、一度に100枚以上入れないで下さいというメッセージが表示されました

ここでは、93枚の硬貨を実際に預金してみました

操作画面でボタンをタッチしてから

約1分46秒の時間がかかりました

※これは、あくまでも私が試した結果です。他の方が試すと、もちろんかかる時間も違います

また他の金融機関、他の支店によっても時間が違う可能性があります

あくまでも参考程度にしてください。

実際に小銭(硬貨)をATMで預金(貯金)した感想

硬貨を預金して通帳が戻ってくるまでは、割りと早く終わりました

この時点で預金の作業は、終了です。

預金された方は、もうATMから離れて帰宅することができます

しかし長いのは、そこからです。

機械の中で何度も硬貨をかき混ぜる音が聞こえます

そしてなかなか、操作可能画面に戻りません

最初ATMで小銭を預金した時は、機械が壊れたのでは?

と思ったほどです

当時は、小銭の預金だけ済ませるとすぐにATMから離れたのですが

私の後に並んでいた方が、ATMの機械のボタンを押しても反応しないので

かなり戸惑ってらっしゃいました。

そして、その方は、すぐにその機械を使うのをやめて隣のATMに移りました

ということで

小銭を預金する方は、ストレスなしに作業を終われますが

その次にそのATMを使用する方は

そこからへたすると約30秒~1分弱

そのATMが使用できなくなる場合があります!

もちろん時間が経てば再び使用可能になりますが

ある程度の待ち時間が必要なため

混んでいるときは、ATMでの小銭の預金はやめたほうが、

よいと強く思いました

たかが、1分弱程度の時間ですが、

実際にATMを使う側からするとその1分がとても長い時間に感じられました。

銀行の窓口で小銭(硬貨)を預金する場合の注意点

また、以前、大瓶一杯に貯めた小銭を銀行の窓口に持って行き、預金しようとしたら

受付で、だいたい、いくらくらいありますか?

と、たずねられたことがあります

ちょっとあせりました

銀行によっては聞かれる場合があると思いますので

およその金額を答えられるようにしておいたほうがいいかもしれません。

まあ、結局、当時、初めて大量の小銭を銀行の窓口に預金しに行ったときも、とりあえず、

ちゃんと預金してもらえましたので

それほど、心配する必要はないとは思いますが、やはりある程度、預金する小銭の金額を

答えられるようにしておいたほうが、よいと思います。

もちろん これは、その当時の話で現在は、多少変わっている可能性があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする