外部と通信しようとするソフトの通信を簡単にブロックできるフリーソフト

私が、フリーソフトを使おうとするときに

そのソフトがどんなに便利でも

使用する際にしり込みしてしまうときがあります。

その理由は、大きく分けて2つあります。
●ひとつは、ダウンロードしてインストールするときに

必要の無いソフトのインストールを薦めてくるフリーソフトがあること!

ソフトによっては、その類のソフトのインストールを薦めてくる画面のときだけ

日本語以外の言語表示になる場合もあります

また、場合によっては、そのソフトがアドウェアの場合もあります

●もうひとつは、便利で高機能なソフトなのですが、

外部と頻繁に通信を行うソフトです

ほとんどが、害の無い場合が多いのですが

何か、個人情報を送信されているようで不安になります。

ということで

今回の記事では

インストールしたフリーソフトの外部との通信をブロック(遮断)する

便利なフリーソフトについて説明したいと思います

※当然のことですが、通信が主な目的のソフト、プログラムの場合は、外部との通信を

遮断すると、そのソフト自体が使用できなくなります。注意してください!

ブラウザなどがそれに該当します



スポンサーリンク

Firewall App Blockerを使って指定した(ソフト)プログラムの外部との通信を遮断する

ここで、パソコンにある程度の知識がある方は

そんなの、自分のパソコンにインストールしている

セキュリティソフトのファイアウォール、もしくは、windowsのファイアウォールの設定で

できるじゃないかと、言われる方もいらっしゃると思います

確かにその通りです

しかし、ある程度の知識が必要なのと

やはり設定が面倒な場合が多いです!

しかし、今回紹介する

Firewall App Blocker

というソフトは、非常に簡単な操作で指定したソフト(プログラム)の通信

をブロック(遮断)することができます

Firewall App Blockerを使う前に
必ず確認して欲しいこと!

ここで注意したいのが、

Firewall App Blocker というソフトは、簡単にwindowsファイアウォールの

設定を変更してくれるソフトです。

そのため、Windows ファイアウォールが無効になっている場合は、

Firewall App Blocker の設定内容は反映されません。

つまり使用しても意味がないということになります。

私が、確認している限りでは、イーセットスマートセキュリティを導入している場合は

ファイアウォールがすべてイーセットスマートセキュリティの管理下に置かれますので

windowsファイアウォールが無効になっているはずです。

そのため Firewall App Blocker の設定が反映されません。

もちろんイーセットスマートセキュリティを使っている方も

イーセットスマートセキュリティのファイアウォールの設定

具体的には、ルールの設定で

個別にプログラムの通信を遮断することができます

そんなことを言われても、自分のPCのwindowsファイアウォールが、

無効になっているか?有効になっているか?

どうかわからないという方は、

以下で説明しています

 

windowsファイアウォールが、有効になっているかどうか調べる方法

windows7の場合を例にとると

スタートボタンをクリック → コントールパネルをクリック

→開いた画面で 表示方法をカテゴリに変更

→システムとセキュリティをクリック → windowsファイアウォールをクリックします

するとwindowsファイアウォールが、有効かどうかわかります

無効の場合は、赤色になっています(以下の写真)

左のメニューの詳細設定をクリックすると

さらに詳しくわかります

↓  無効になっている場合です

上の写真で

これらの設定は、ベンダーアプリケーション○○○ で管理されています

と表示されている場合は、あなたのお持ちのセキュリティソフトが

最適な設定をしているのだと考えられますので

そのままにしておいたほうがよいと思います。

※上の場合は無効になっていますので Firewall App Blocker の設定は反映されません

実は、もっと簡単に自分のPCのwindows ファイアウォールが

有効になっているかどうか調べる方法があります。

Firewall App Blocker を使いたい

しかし自分のPCのwindows ファイアウォールが有効か?確かめ方が

よくわからない、または、面倒だとい方は

この章の下の章を読んで とりあえず Firewall App Blocker を起動して

以下の写真の炎のようなアイコンをクリックするという方法もあります。

すると1つ上の写真の画面が一発で開けます。

※windows ファイアウォールの設定画面が一発で開けます!

その際

これらの設定は、ベンダーアプリケーション○○○ で管理されています

という画面が表示されて2つ上の写真のように

windows ファイアウォールは無効です 

となっている場合は、Firewall App Blocker ではなく

お持ちのセキュリティソフトのファイアウォールの設定から

プログラムの通信の遮断をすることを

おすすめします

セキュリティソフトが最適な設定をしているため、設定をいじらないほうが

いいと思います。

Firewall App Blockerのダウンロード方法

日本最大級のダウンロードサイト ベクター でダウロードが可能です!

ベクター は、東証ジャスダックの上場企業で資本金が10億を超える大手企業です!

また現在は、ソフトバンクグループに属しています。

Vector(ベクター)

→ http://www.vector.co.jp/

にアクセスして、トップページの

検索欄に Firewall App Blocker  と入力して検索をクリックします

すると Firewall App Blocker が上の方に表示されますので

それをクリックしてください

ソフトの説明とダウンロードページが表示されます

Firewall App Blockerの使い方!

使い方は、非常に簡単です!

Firewall App Blocker を起動して、真ん中にある空白部分に

通信を遮断(ブロック)したいソフトのプログラム(アプリケーションファイル)を

ドラッグ&ドロップするだけです

ソフトのショートカットをドラッグ&ドロップしてもOKです!

※もちろん、オーソドックスにソフトの本体から

ファイル→アプリケーションを追加 でも登録できます

このソフトの親切なところは

通信を遮断(ブロック)したいソフトのアプリケーションファイル、ショートカットなどを

ドラッグ&ドロップするだけで自動的に通信がブロックされます

Firewall App Blockerの画面には、上の写真のように

動作 拒否 と表示されます

これでそのソフトの通信が遮断されます。

たったこれだけの作業で終了です

通信を拒否から許可に変更したい場合!

1、通信を許可したいソフトをクリックして青色にします

2、次に許可ボタンをクリックします(緑色の✔のアイコンです)

3、拒否から許可へ変更されます

再び、拒否(通信を遮断)したい場合は

赤いアイコンをクリックします

ソフトを一覧から削除したい場合は、

そのソフトを選択して以下の形をしたアイコンをクリックします

Firewall App Blockerを使ってみた感想

とにかくシンプルで使いやすい印象を受けました

また

基本的にパソコンのファイアウォールに関しては

PCにインストールされているセキュリティーソフト

もしくは

ファイアウォールソフトを特別にPCに導入していない方は

windowsのファイアウォールが管理していますので

そちらに任せて

簡易的に任意のソフトの通信を遮断したいときに使うのには大変便利なソフトだと

思いました。

またそれと同時に、パソコンにあまり詳しくない方は、

特別なことが無い限りは、上記で説明した場所以外は

特にいじる必要がないとも思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする