RAWファイルを表示する方法

デジカメで写真を撮影する方は、ご存知だと思いますが、

デジカメによっては、JPEGだけではなくRAW(ロウ)で撮影することができます。

デジカメの一眼レフは、基本的にRAWが使えます。

コンパクトデジカメでは、現在のところRAWが使える機種は少ないです。

RAW(ロウ)とは、生という意味があり、簡単に説明すると、

デジカメで撮影したデータをカメラ内部であまり手を加えず、

未加工(生)に近い状態で保存することができるモードです。

それに対してJPEGは、圧縮して容量を少なくしています

さてRAWモードで撮影してパソコンに取り込み

いざRAWファイルを開いてみようと思ったら

サポートされていません

というエラーメッセージが出る場合があります。

せっかく撮影したのに、それでは、困りますよね。

では、RAWファイルを開く(表示させる)方法を説明していきます。

スポンサーリンク

RAW形式のファイルを表示するには?

今回、検証したパソコンのOSは、windows7 64bit版です。

※XPについては、後ほど説明します

ちなみにwindows10では、そのままの状態でRAWファイルを閲覧することができます

(初めからRAWファイルに対応しています)

●RAWファイルを表示させる手順!

RAWファイルを表示できない(開けない)のは、コーデックが足りないためです。

この問題は、マイクロソフトから Microsoft カメラ コーデック パック

をダウンロードしてインストールすると解決するはずです。

●Microsoft カメラ コーデック パックのインストール方法

1、「 Microsoft カメラ コーデック パック 」 と検索すると

ダウンロードページが出てきます

URLアドレス

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=26829

「Download Microsoft カメラ コーデック パック (6.3.9721.0) from Official …」という記

事が一番上に表示されると思います
※この記事を書いている時点でのことです

そのページをクリックすると

マイクロソフトのダウンロードセンターのページが表示されます

とりあえずダウンロードする前に

詳細、システム要件、インストール方法などを確認しておくとよいでしょう。

2、Microsoft カメラ コーデック パック  の下の ダウンロード をクリックします

3、ダウンロードするプログラムを選んでください。  と表示されますので

自分のパソコンがwindows7 64bit版の場合→ MicrosoftCameraCodecPack-x64.msi に

自分のパソコンがwindows7 32bit版の場合→ MicrosoftCameraCodecPack-x86.msi に

にチェックを入れます

※自分のパソコンが32bit(ビット)か64bit(ビット)かわからない場合方は、判別方法を
次の章で説明しています

4、チェックを入れたら 次へ をクリックします

ダウンロードが開始されます

5、あとは、ダウンロードされたファイルをクリックしてインストールするだけです

ちなみに現在このコーデックパックを使用できるOSは、

Windows 7, Windows Vista Service Pack 2  です。

※この記事を書いている時点でのことなので、変更になる可能性があります。
ダウンロードされる方は、そのつど確認してください!

ちなみにMicrosoft カメラ コーデック パックをインストールして

実際にRAWファイルを開いてみると プロパティでは、CR2ファイルと表示されました。

やはりJPEGファイルと違うんですね。

自分のパソコンが32ビットか?64ビットか?の判別方法は?

MicrosoftCameraCodecPack(マイクロソフト カメラコーデックパック)には

64bitと32bitの2種類があります。

自分のパソコンが32ビットか64ビットかの判別方法は?

windows7の場合

スタートボタンをクリックして

タスクバーにある上の写真のアイコンをクリックします

コントロールパネルクリックします

コントロールパネルが表示されたら、システムとセキュリティ をクリック

次に システム をクリックします

右上の表示方法が カテゴリ の場合です

※ すでに システム が表示されている場合は、システム をクリック

右上の表示方法が 大きいアイコン か 小さいアイコン になっている場合です

コンピューターの基本的な情報の表示  という画面がでてくるので

その中の  システムの種類 を見ると32ビットか64ビットか確認できるはずです。

上の写真だと 64bit(ビット)になります

自分のパソコンに適した Microsoft カメラ コーデック パック をインストールすると

問題なくRAWファイルが開けるようになるはずです。

XPでRAWファイルを開くには?

XPは、マイクロソフトのサポートが切れたためか

いくつかフリーソフトを試してみてみましたが、

すべてエラーが出て表示されませんでした。

私の環境下だけかもしれませんが・・・・・

ということで、お持ちのデジカメに付属しているソフトで

試してみるのがよいのではないでしょうか?

唯一、RawTherapee というソフトでRAW形式のファイルを開くことができましたが

海外のソフトなので使い方が少し難しかったです。

動作環境は、一応 最新版が、64bit版のWindows Vista/7、8 対応ですが、

私が、この記事を書いている時点では、XPの32ビット版がダウンロード可能でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする