パソコンのモニターの選び方~駆動方式、視野角など

デスクトップパソコンを購入してある程度たつと

もっとサイズの大きな液晶モニターに交換してみたくなる場合があります。

周辺機器やパーツを割りと簡単に交換できるのが、デスクトップパソコンの

長所のひとつです。

では、モニターを選ぶとき、どんなことに注意したらいいのか?

私の経験を踏まえて説明していきます。

スポンサーリンク

PCの液晶モニターのサイズについて

特別な理由がないかぎり

新しくモニターを購入するなら、現在使用しているサイズと同等か

それ以上のサイズを購入することをおすすめします

モニターのサイズが大きいほど視認性がよいですし。視力の悪い人にも有利です。

また大画面になると、ブログの更新やエクセルなども使いやすくなると思います。

それではまず

液晶モニターのサイズが違うと、どれくらい画面の大きさが違うのかについて

説明したいと思います。

●モニターのインチごとの画面の縦横サイズ

現在、主に発売されている縦横比のサイズです。

(ワイド画面16:9の場合です)

古いモニターになると縦横比が4対3というのもあります。

ちなみに画面のサイズは、対角線の長さで決まります!

例えば、19インチのモニターの場合

対角線の長さは、19×2.54=48.26センチになります

以下は、すべておよその値です(ご了承ください)

1インチは約2.54センチです

19インチ  →縦 23.5センチ 横 42.0センチ

19.5インチ→縦 24.3センチ 横 43.2センチ

20インチ  →縦 24.9センチ 横 44.3センチ

20.7インチ→縦 25.8センチ 横 45.8センチ

21.5インチ→縦 26.8センチ 横 47.6センチ

22インチ  →縦 27.4センチ 横 48.7センチ

23インチ  →縦 28.6センチ 横 50.9センチ

23.8インチ→縦 29.6センチ 横 52.7センチ

24インチ  →縦 29.9センチ 横 53.1センチ

27インチ  →縦 33.6センチ 横 59.8センチ

※あくまでも目安です

モニターの解像度について

新しいモニターを購入するのであれば、ほぼ、FullHD(フルハイビジョン)に対応していると

思いますが、中古のモニターを購入する場合は、解像度を確認したほうがよいです。

当然フルハイビジョンの方が画質がいいです。(4Kはのぞいて)

解像度

FullHD フルハイビジョン (1920×1080)
HD   ハイビジョン  (1280×720)
SD   標準画質    (720×480)

※参考までに
4K(3840×2160)

やはり4Kは、圧倒的な解像度ですね。

SD画質にしか対応していないと、せっかくPC用のテレビチューナーを購入しても

綺麗な画質(フルハイビジョン)で視聴することはできません。

また中古でモニターを購入するときは、HDCPに対応しているかもチェックしてください

HDCPに対応していないとハイビジョンや、フルハイビジョンでの視聴ができません。

また、解像度は、モニターのサイズと関係ありません。

19インチでもFullHD (1920×1080)に対応している場合もありますし、

サイズが大きい24インチでもFullHDに対応していない場合があります。

最近のモニターでFullHDに対応していないものは、

ほぼないとは思いますが一応チェックはしておいたほうが

よいかもしれません。

モニターの液晶の種類について!
グレア(光沢)かノングレア(非光沢)のどちらにするか?

液晶パネルは、2種類あります。

グレアパネル(光沢液晶)とノングレアパネル(非光沢液晶)です。

これは、人の好みのよって大きく分かれるところです。

液晶モニターは長く使う周辺機器なので、購入する前に

しっかりとどちらを選ぶか決めておきましょう

●グレアパネル(光沢液晶)の特徴

表面が、ピカピカしていて、液晶が綺麗です。

全体的に画面が明るい印象を受けます。

ここが一番の特徴だと思います。

写真や動画を見てもコントラストがハッキリしていて、鮮やかで、光沢もあり

綺麗に見えます。

●ノングレアパネル(非光沢液晶)の特徴

画面の色合いが、少し地味な感じがしますが、長時間使用しても目が疲れにくいです。

これは、表面がツヤツヤしていないため、外光の映り込みが少ないからです。

どちらがいいとは、一概に言えません。

好みによります。

初めて液晶を購入する方は、

私の個人的な意見としては、必ず、グレアとノングレアの液晶の違いを実店舗で一度

体感することをおすすめします。

ちなみに私は、長時間パソコンを使うので、デスクトップパソコンは、ノングレアの液晶を買い続けています。

ノートパソコンは、グレアです。

画質を優先するならグレア

一日に長時間PCを使うなら、ノングレア

という感じになるのかもしれませんが、最近のノングレアパネルは、技術的にかなり進化して

いると思います

液晶パネルの駆動方式の違い

先ほどは、パネルの液晶の種類についての説明でしたが

今度は、パネルの駆動方式の違いです

液晶パネルの駆動方式は、3種類あります

TN、VA、IPS です

簡単に説明します。

方式が違うと視野角と応答速度に違いがあります。

視野角→簡単に説明すると、視野角が広いほど、モニターを斜めから見ても正面から見るのと

同じように綺麗に見えます

しかし視野角が狭い場合、正面からは、綺麗に見えますが、斜めから見ると液晶モニターが

黒ずんで見えたりします。

応答速度応答速度が速いほど、速い動きに強いです応答速度が遅いと

素早い動きなどのシーンで残像が残ることがあります。

応答速度には、10ms、5ms、1msなどがありますが、

この中で一番応答速度が速いのは1msになります

逆にこの中で一番応答速度が遅いのは、10msになります。

●TN方式

現在最も多く使用されている方式です。値段が安いというメリットがあります。

しかしその反面、VA方式やIPS方式に比べて視野角で劣ります。

●VA方式

TN方式より視野角が広く、応答速度に優れています。コントラストも優れています。

●IPS方式

3種類の中では一番、視野角が広いです。また画質もいいです。しかしその反面、応答速度が

若干遅いです。

※オーバードライブで速い応答速度に対応している製品も有ります。

●値段では一般的に 

IPS>VA>TN

で一番値段が高いのがIPSになると思います

●また色の再現性(画質)も基本的に上と同じ順位になると思われます

IPS>VA>TN

●応答速度は、通常、

VA>TN>IPS

ですが、IPSも応答速度に対応している製品もありますので

一概に、比較できない場合もあります。

これについては、実際に、商品の基本仕様表で記載されているはずですので

応答速度を個別に確認したほうがよいです。

また、やはり実際に店舗で見比べてみるのが一番よいでしょう

ちなみに、私は、TNパネルを使っていますが、動画を見ても写真を見ても

それほど劣っているとは思いません。

まあこの辺は、個人差がありますので、なんともいえませんが。

TN方式もかなり進化しているのではないでしょうか。

気になる方は、店舗で比較したり、

クチコミサイト等で調べてみるとよいと思います。

スピーカー内蔵タイプか、スピーカーなしか?

モニターを探していると、性能の割に値段が安いと思ってよくみると

スピーカーが内蔵されていないモニターもあります。

この辺も内臓スピーカーが必要なのか、必要ないのか、

しっかりと事前に決めておきましょう。

●モニターの付属品(接続コード関係)も確認しておきましょう

特に中古の場合、付属品無しの場合もあります。

中古モニターを購入するときの注意

まとめてみました

●HDCPに対応してるものを購入したほうがよい
(フルハイビジョン対応)

●スピーカーが内蔵されているかどうか?のチェック

付属品のチェック

モニターの規格

特にこだわりがない場合、現在主流の

モニターの規格

16対9のものを選んだほうがいいと思います

モニターメーカーの原産国(本社の所在国)

最近は、安価で色々なモニターが販売されていますが、

どこの国のメーカーなのかを調べてみました。

BenQ→台湾製

LG→韓国製

ASUS→台湾製

Acer→台湾製

I-O DATA→日本製

Dell→アメリカ製

iiyama→日本製

Philips→オランダ製

EIZO→日本製

ヒューレット・パッカード→アメリカ製

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする