日本アカデミー賞の歴代受賞者と受賞回数ランキングについて!

俳優にとって名誉のある賞のひとつに日本アカデミー賞があります。

格式のある賞のため、歴代の受賞者、受賞作品には、名優、名作が名を連ねています。

今回の記事では、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞にスポットをあてて、歴代の受賞者にはどんな方がいらっしゃるのか?

また、受賞回数の多い方を調べてみました。

今回の記事の内容

●日本アカデミー賞の年代別受賞者について

→日本アカデミー賞の史上最年少受賞記録!

●最優秀主演男優賞と女優賞の受賞回数ランキング

→受賞回数の多い俳優について

→最優秀主演男優賞に多い血液型は?

→最優秀主演女優賞に多い血液型は?

●最優秀監督賞の受賞回数ランキング

●意外にも最優秀主演男優賞・女優賞を受賞していない方々

などについて調べてみました。

スポンサーリンク

日本アカデミー賞の歴代受賞者

日本アカデミー賞は、アメリカの本家のアカデミー賞より正式な許諾を得て1978年より毎年開催されています。

日本アカデミー賞には、作品賞、アニメーション作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞などがありますが、今回は、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞について調べてみました。

日本アカデミー賞の歴代受賞者(主な賞について)

開催年
回数
最優秀
監督賞
最優秀
主演男優賞
最優秀
主演女優賞
最優秀
助演男優賞
最優秀
助演女優賞
2019年
第42回
是枝裕和 役所広司 安藤サクラ 松坂桃李 樹木希林
2018年
第41回
是枝裕和 菅田将暉 蒼井優 役所広司 広瀬すず
2017年
第40回
庵野秀明
樋口真嗣
佐藤浩市 宮沢りえ 妻夫木聡 杉咲花
2016年
第39回
是枝裕和 二宮和也 安藤サクラ 本木雅弘 黒木華
2015年
第38回
山崎貴 岡田准一 宮沢りえ 岡田准一 黒木華
2014年
第37回
石井裕也 松田龍平 真木よう子 リリー・フランキー 真木よう子
2013年
第36回
吉田大八 阿部寛 樹木希林 大滝秀治 余貴美子
2012年
第35回
成島出 原田芳雄 井上真央 でんでん 永作博美
2011年
第34回
中島哲也 妻夫木聡 深津絵里 柄本明 樹木希林
2010年
第33回
木村大作 渡辺謙 松たか子 香川照之 余貴美子
2009年
第32回
滝田洋二郎 本木雅弘 木村多江 山崎努 余貴美子
2008年
第31回
松岡錠司 吉岡秀隆 樹木希林 小林薫 もたいまさこ
2007年
第30回
李相日 渡辺謙 中谷美紀 笹野高史 蒼井優
2006年
第29回
山崎貴 吉岡秀隆 吉永小百合 堤真一 薬師丸ひろ子
2005年
第28回
崔洋一 寺尾聰 鈴木京香 オダギリジョー 長澤まさみ
2004年
第27回
森田芳光 中井貴一 寺島しのぶ 佐藤浩市 深津絵里
2003年
第26回
山田洋次 真田広之 宮沢りえ 田中泯 北林谷栄
2002年
第25回
行定勲 窪塚洋介 岸惠子 山崎努 柴咲コウ
2001年
第24回
阪本順治 寺尾聰 吉永小百合 佐藤浩市 原田美枝子
2000年
第23回
降旗康男 高倉健 大竹しのぶ 小林稔侍 岸本加世子
1999年
第22回
平山秀幸 柄本明 原田美枝子 いかりや長介 麻生久美子
1998年
第21回
今村昌平 役所広司 黒木瞳 西村雅彦 倍賞美津子
1997年
第20回
周防正行 役所広司 草刈民代 竹中直人 渡辺えり子
1996年
第19回
新藤兼人 三國連太郎 浅野ゆう子 竹中直人 乙羽信子
1995年
第18回
深作欣二 佐藤浩市 高岡早紀 中井貴一 室井滋
1994年
第17回
山田洋次 西田敏行 和久井映見 田中邦衛 香川京子
1993年
第16回
周防正行 本木雅弘 三田佳子 竹中直人 藤谷美和子
1992年
第15回
岡本喜八 三國連太郎 北林谷栄 永瀬正敏 和久井映見
1991年
第14回
篠田正浩 岸部一徳 松坂慶子 石橋蓮司 石田えり
1990年
第13回
今村昌平 三國連太郎 田中好子 板東英二 市原悦子
1989年
第12回
佐藤純彌 西田敏行 吉永小百合 片岡鶴太郎 石田えり
1988年
第11回
伊丹十三 山崎努 宮本信子 津川雅彦 かたせ梨乃
1987年
第10回
深作欣二 緒形拳 いしだあゆみ 植木等 原田美枝子
1986年
第9回
澤井信一郎 千秋実 倍賞美津子 小林薫 三田佳子
1985年
第8回
伊丹十三 山崎努 吉永小百合 高品格 菅井きん
1984年
第7回
五社英雄 緒形拳 小柳ルミ子 風間杜夫 浅野温子
1983年
第6回
深作欣二 平田満 松坂慶子 風間杜夫 小柳ルミ子
1982年
第5回
小栗康平 高倉健 松坂慶子 中村嘉葎雄 田中裕子
1981年
第4回
鈴木清順 高倉健 倍賞千恵子 丹波哲郎 大楠道代
1980年
第3回
今村昌平 若山富三郎 桃井かおり 菅原文太 小川眞由美
1979年
第2回
野村芳太郎 緒形拳 大竹しのぶ 渡瀬恒彦 大竹しのぶ
1978年
第1回
山田洋次 高倉健 岩下志麻 武田鉄矢 桃井かおり

●備考

佐藤浩市さんと三國連太郎さんは、親子で最優秀主演男優賞を受賞しています。

倍賞千恵子さんと倍賞美津子さんは、姉妹で最優秀主演女優賞を受賞しています。

最近でいえば、菅田将暉さんは、25歳の若さで最優秀主演男優賞を受賞しています。

日本アカデミー賞の史上最年少受賞記録!

※もし間違っていたらすみません。

●最優秀主演男優賞
窪塚洋介さん
当時21歳で受賞しています。

●最優秀主演女優賞
和久井映美さん
当時21歳で受賞しています。

●最優秀助演女優賞
長澤まさみさん
当時17歳で受賞しています。
これは、新人賞を除く他の賞でも史上最年少です!

●最優秀監督賞
石井裕也さん
当時30歳で受賞しています。

最優秀主演男優賞と女優賞の受賞回数ランキング

最優秀主演男優賞受賞回数ランキング!

現時点(1~42回)での記録です

順位 俳優名 受賞回数 身長・血液型
1 高倉健 4 180センチ・B型
2 緒形拳 3 173センチ・B型
2 三國連太郎 3 178センチ・AB型
2 役所広司 3 179センチ・AB型
3 山崎努 2 174センチ・A型
3 西田敏行 2 166センチ・B型
3 本木雅弘 2 174センチ・A型
3 佐藤浩市 2 182センチ・A型
3 寺尾聰 2 176センチ・A型
3 吉岡秀隆 2 172センチ・A型
3 渡辺謙 2 184センチ・A型

この記事を書いている時点で、上記のように複数回、最優秀主演男優賞を受賞している方は、11人です。

偶然なのですが、O型の方が一人もいらっしゃらないのが少し不思議でした。

最優秀主演男優賞に多い血液型は?

今まで(1~42回まで)に最優秀主演男優賞を受賞されている方26人、すべての方の血液型を調べてみました。

すると以下のようになりました。

最優秀主演男優賞に多い血液型

現時点(1~42回)での記録です

血液型 人数 割合 日本人の血液型の割合
A型 13人 約54% A型→約37%
B型 6人 25% B型→約22%
AB型 3人 12.5% AB型→約9%
O型 2人 約8% O型→約32%
不明 2人
合計 26人

最優秀主演女優賞受賞回数ランキング!

最優秀主演女優賞受賞回数ランキング

現時点(1~42回)での記録です

順位 女優名 受賞回数 身長・血液型
1 吉永小百合 4 155センチ・O型
2 松坂慶子 3 162センチ・A型
2 宮沢りえ 3 167センチ・B型
3 大竹しのぶ 2 158センチ・A型
3 樹木希林 2 160センチ・A型
3 安藤サクラ 2 160センチ・A型

この記事を書いている時点で、上記のように複数回、最優秀主演女優賞を受賞している方は、6人です。

最優秀主演女優賞に多い血液型は?

賞を受賞している女優の方々の血液型についても調べてみました。

すると以下のようになりました。

最優秀主演女優賞に多い血液型

現時点(1~42回)での記録です

血液型 人数 割合 日本人の血液型の割合
A型 18人 約58% A型→約37%
O型 7人 約23% O型→約32%
B型 5人 約16% B型→約22%
AB型 1人 約3% AB型→約9%
不明 1人
合計 32人

最優秀監督賞の受賞回数ランキング

最優秀監督賞受賞回数ランキング

現時点(1~42回)での記録です

順位 監督名 受賞回数 出生地
1 山田洋次 3 大阪府
1 今村昌平 3 現東京都
1 深作欣二 3 茨城県
1 是枝裕和 3 東京都
2 伊丹十三 2 京都府
2 周防正行 2 東京都
2 山崎貴 2 長野県

この記事を書いている時点(第42回まで)で、上記のように複数回、最優秀監督賞を受賞している方は、7人です。

意外にも最優秀主演男優賞・女優賞を受賞していない方々

私の個人的な感想をいえば、

男性でいえば、

堤真一さん、堺雅人さん、山田孝之さん

女性でいえば、

綾瀬はるかさん、新垣結衣さん、吉高由里子さん、

が最優秀主演賞を受賞したことがないのが意外でした。

早く受賞されることを願っています。

また、堤真一さんが、まだ最優秀主演男優賞を受賞されていないのは、とても意外でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする